失敗しない良いクリニックの選び方

透析患者の実情

10年以上前のことです。母方の祖父が悪性リンパ腫と大動脈瘤を患い、地方の総合病院に入院していました。日頃から酒、たばこを好み、孫の私から言っても絶対にやめない人でした。もともとあったのかしれませんが、腎不全になり入院中に透析治療が開始となりました。また、足の壊疽も進み、右足は親指と小指を切断したと記憶しています。すごく元気で近所づきあいも頻繁だった祖父が日に日に弱っていくのをみて、非常にショックを受けたことを今でも鮮明に覚えています。透析治療を開始して間もなく、主治医の先生から「うちは急性期の病院だから、もう退院してもらわないといけない」と説明されました。透析治療を開始したばかり、足の指も切断していてどうやって通院しろというのでしょう。

透析治療の家族への影響

祖父は車を持っていなく、出かけるときはいつも原付でした。医師から上記の説明を受けたとき私の母は主治医に「車もなく足の指も切断している、どうやって通院しろというのか」と詰め寄りました。しかし、主治医の意見は変わりませんでした。祖父は「足の指がなくたって、原付で通うことができる」と訴えていましたが、私からみてもそれは不可能だと思いました。そこで、母は入所できる施設を探すことにしました。しかし、透析を受けている患者を受け入れる施設は多くありません。祖父母が住んでいる地域と私たちが住んでいる地域を探しましたが、やはりありませんでした。唯一見つかったのが、私たちが住んでいる地域から車で30分以上離れた施設でした。そこは透析ができるクリニックを併設しており、透析患者も受け入れている施設でした。

透析患者のQOL

いざ、入所する日、祖父を送っていき帰るときに祖母が一言、「こんなのは島流しと同じだ」とつぶやきました。入所した祖父も、もしかしたら同じことを考えていたかもしれません。私たちは毎週のように祖父に会いに行き、祖父はそれを大変楽しみにしてくれ、いつも笑顔で出迎えてくれました。祖父は生前「おばあちゃんより先には死ねない。おばあちゃんを看取ってから俺は逝く」と話していました。しかし、実際は大きな手術や透析で身体が弱り、祖母よりも先に亡くなってしまいました。透析治療は本人はもちろん、家族にも大きな負担になります。1日おきに通院、透析中は身動きがとれず、長期の旅行にも行けない。水分摂取や食べ物にも制限があり、透析をやった日は疲れて何もできないと聞きます。私は今、病院で事務員として働いています。透析患者がこれ以上増えないことを祈るばかりです。

クリニック集客ノウハウ|工務店向け集客ノウハウ|JALカード|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|お小遣いNET|生命保険の選び方|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|四季の童話集じゃんけん