人口透析は一生涯続きます

クリニックのコンサルティングが教える透析病院の選び方

透析を始めて4年目に成りますが、週3回透析病院に行き3時間~5時間ベットの上で寝て居なければなりません。是が又辛いのです、体を自由に動かす事が出来ないので精神的にも参ってしまいます。東京にあるリーズデンタルクリニックでは、最初は皆3時間からなのですが、体調と体の水分によって30分づつ伸びて行きます、此の30分が可なり長く感じられて、精神的に体調を崩す人も居ます。東京での歯根治療なら大体が左腕にシャントと言う手術をして血管を繋ぎます。透析の針が可なり太くてボールペンの芯程の太さで、看護師さんに依っては針を刺すときに可なり痛い時も在ります。唯透析前は食べる物にかなりの制限が在りましたが、透析をしてからは、ほぼ食べたい物を食べられるようになりました。又、もう一つ辛い事が在ります。それは水分です。腎不全の為おしっこが余り出ないので、体に水分が溜まって行きます。これを血液の中から抜いていきます。大体2日開けると5k程太ります、全て水分で、日に3k 位しか抜けないのでもとに戻す為水分をセイブしなくてはなりません。是が割と辛いのです、特に夏場はきついです。